ブリーチによるデメリットについて

髪が絡まって抜け毛が多くなります

AGAを引き起こす要因にもなるようです

代表的な薄毛と呼ばれている男性型脱毛症はAGAと言う略称で知られています。
これを聞くと、男性だけに起こりうる可能性があるかもしれないのですが、今では女性でも薄毛に悩まされている人も多いのです。

男性ホルモンの中のジヒドロテストステロンの感受性が強い事で発生するそうです。
ですが、薄毛の原因とされているのはこれだけではありません。

ストレスや生活習慣や遺伝による影響も大きいです。
頻繁にお洒落の一つとしてブリーチやカラーリングをしていては、髪や頭皮にも大きなダメージを与えてしまうのは前の記事でも紹介したと思います。

そのダメージが強いほど薄毛の発生を促してしまう可能性もあるようです。
特に、最近では男性よりも女性の薄毛が深刻化してきています。

生え際の薄毛になる場合もあります

女性で特に深刻化してきている薄毛の一つに生え際の薄毛があります。
前の記事でも紹介したように、ブリーチやカラーリングのし過ぎて髪や頭皮に過酸化水素が沢山蓄積している状態が長く続くと薄毛の原因にもなると説明したと思います。

元々、髪が細い人もいると思います。
しかし、ブリーチをすると、カラー剤の刺激に頭皮が耐える事が出来なくなり、頭皮が赤く炎症した状態になったりして次に生えてくるはずの髪がますます細く痩せたままで生えてきて全体的に薄く見えるのです。

生え際の薄毛が目立つのは、女性ホルモンのバランスが乱れている事もあり、生活を改善する事により髪に栄養が行くようになり、太く強い髪が生えてくるようになります。
特に、女性は、髪が長い人も多くゴムで縛った状態が長く続くと頭皮と髪が引っ張られる時間が長くなる為、抜けやすく薄毛のリスクを高めてしまう事もあります。


この記事をシェアする