ブリーチは髪の痛みの原因になる?

ブリーチによるデメリットについて

老けて見られたりする事もあります

そもそもブリーチとは、強い薬剤を使い元の髪の色を抜いて明るい色を入れる事を言います。 必要な成分が行き渡らない髪の毛は、成分が出て行っているので中がスカスカな状態になっています。 そんな状態で、もしカーラーやコテで流行の巻き髪やアレンジをしようと思っても上手く行かない事が多くなります。

髪のアレンジがしにくい状態になります

女性は特に、永遠の美を追い求める事が多いと思います。
その為、毎日のスキンケアも欠かさない事でしょう。

しかし、肌だけをケアしていれば良いわけではありません。
見た目の美しさと言うのは、肌にも表れやすいのですが、一番は髪を見れば分かると言われています。

そんな中でも特に、ブリーチをしている髪の見た目は、髪もバサバサでツヤとハリもない髪に見えるのです。
それだけではなく、髪の手触りもゴワゴワした状態になります。

年齢に関係なく、髪の色を明るくしたりするのはその人の自由ですが、あまりにも明るすぎたり奇抜な色にしたりするとかえって髪に与える影響は大きくなるのです。
なので、年齢よりも高く見られたり髪の見た目がバサバサなので、人に持たれる印象が身だしなみに気を使わない人と思われる可能性もあります。

ブリーチを何回も繰り返す事によって、頭皮にも重大な影響を与えかねる事もあるのです。
薬剤が毛穴に詰まってしまい、炎症を引き起こしてしまい、それが髪が抜ける原因にもなり年齢とは関係なく薄毛に悩まされる事になるかもしれません。

年齢を重ねる事に、髪色だけでは若くいたい人も多いかもしれません。
しかし、年齢に合う髪型や色があると思います。

美しく見られたいのであれば、髪のトーンは暗くしてツヤ感をアップさせるべきです。
髪のダメージが激しいほど、見た目年齢はますます加速していくようです。
元々、髪は死んだ細胞なので、一度でも傷みが激しくなると良くならないようで切るしかなくなってしまいます。

おすすめリンク

髪が絡まって抜け毛が多くなります

髪も体と同じように毎日洗う人も多いと思います。 長い人ほど、色んな汚れが髪に付いている事あります。 見えないゴミを洗う為にも、きちんとシャンプーをして清潔に保つべきです。 ですが、ブリーチし過ぎている髪は、絡まりやすく指も通りづらいので、そのせいで余計に力が入り正常な髪まで抜けてしまう可能性もあります。

頭皮環境の破壊に繋がります

ブリーチをした時に頭皮がしみるなんて声も聞く事があります。 頭皮環境や体質によっては、頭皮がめくれてしまい酷い炎症を引き起こしてしまう事もあります。 頭皮にもきちんと油分と水分を貯めるダムがあるのですが、ブリーチの度合いによって破壊されてしまう恐れもあります。